2008年02月04日

かっぱえびせん

当地タイには、「HANAMI」というスナック菓子がある。
この菓子は、かっぱえびせんそっくりで、
僕は、ずっと、カルビーがタイで販売するにあたって、
わかりやすく呼びやすい名前を付けて、売っていると思い込んでいた。

しかし、昨日バスから見ると、カルビーかっぱえびせんの
広告看板を発見した。

ということは、「HANAMI」は、かっぱえびせんのコピーということになる。
しかし、タイでは、「HANAMI」の方が有名で、
恐らく、かっぱえびせんが「HANAMI」のコピーと思われているのに、
違いない。

そんな話を友人としていたら、タイには、
カルビーのポテトチップス(うす塩)がないという話になった。

たしかに、ポテトチップスはあるが、変な味ばかりで、
普通の塩味がない。

いまからでは、遅いかもしれないが、カルビーには、ぜひがんばって、
シェアを奪って欲しいものである。
ebisen.jpg
posted by タイ風俗 at 21:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ

2007年11月12日

大いなる反省

11/9(金)
サウナ仲間2名、新メンバー2名 計5名で
ペッブリーのタイスキ屋で飲み会である。
相変わらず、ココのタイスキは、旨い。

二次会は、例によって、スクンビット23奥のジャズバーである。
しかし、この店は、どう考えても男同士で来る店ではない。
来るにしても、二人組までだ。
二人なら、居合わせた女性客と一緒に飲むなりできるが、
5名もいると、どうしようもない。

カップルでくるか、一人できて、まったりと飲むほうがいい。

よしんば、男同士で飲むだけなら、もう少し安っぽい飲み屋がいい。
屋台に毛の生えたような店で、悪酔い覚悟でセンソーンのような
安酒を飲む。翌日ガンガンに頭が痛くなり、二度と飲むまいと後悔する。
これが、男の飲み方だ。
もしくは、カラオケにでも行って、暴走して裸踊りなんかもいい。

男同士でバーでまったり飲んでいても、つまらないので、
タニアのいつもの店に行った。
そして、いつものように、姫を連れ出した。なんとなく、コームーヤーンが食べたくなり、ペッブリー40へ逆戻り。

姫の妹も来て、飲み始めたが、そこで私の記憶が飛んでしまった。
どうやって、帰ったかもわからない。
目が覚めると、何故か家にいるというパターンだ。

財布の中を見たら、空っぽである。タクシー代を払うときに全部あげてしまったのか?

11/17(土)

かなり自己嫌悪に陥り、サウナでフィットネス。
どうなったかを知りたく、サウナ仲間2名とペッブリー40へ行く。
聞いてみると、酔っ払った挙句、突然帰るとわめきだし、
バタバタして、コップを破壊し、
道に倒れたらしい。

一人で帰ったのかと聞くと、姫たちも一緒だったという。
自己嫌悪は、ますます激しくなり、その日は、ビール一本ほどで、やめた。

11/18(日)

中華料理屋で知り合いと飲むが、あまりペースが上がらない。
相手は、一件目で帰ってしまい、時計を見ると、19:30
さすがに帰る気にはならず、友人に電話し、ビリヤードへ行った。
22:00近くまでプレイし、店をでる。
友人には申し訳ないが、翌日は、仕事だ。

サウナがまだ開いていると思い出し、シャワー代わりに、入っていくことにした。
体重計に乗ると、第一目標である90KGまであと少しだったのに、
2kg増である。

さらに自己嫌悪に陥った。

posted by タイ風俗 at 16:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ

2007年10月25日

理想の食生活

最近、暴飲暴食が続いており、体調がよくないこともあって、
理想の食生活を考えてみた。
   朝      昼       夕
月 ジョーク  ぶっ掛け飯   カーオトム
火 ジョーク  ぶっ掛け飯   クイティオ
水 ジョーク  ぶっ掛け飯   カーオトム
木 ジョーク  ぶっ掛け飯   クイティオ
金 ジョーク  ぶっ掛け飯   中華、韓国、日本etc
土  抜    クイティオ   酒のつまみのみ
日  抜    自炊      抜

これならば、高カロリー摂取は、金土の夜のみとなる。
但し、炭水化物に偏っているので、朝は、
果物シェイクのみでもよしとする。
平日夜の自炊というのも、よい。


第一、金が節約できるのがいい。
予算的には、
平日 150B/D 金 600B/D 土 500B/D 日 50B/D
週 2,000B 月 10,000B
となる。
月3,000B程度の調整金も入っている。

果たして、このような生活は、いつ訪れるのだろうか?
意思次第という話もあるが、
人の誘いには、ついつい乗ってしまうのである。
いっそのこと、1ヶ月ほど電話を切っておくくらい
しないとだめだな。

本当は、仕事もやめて、短期出家でもしたいところだが、
そうもいかない。

posted by タイ風俗 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2007年10月08日

お好み焼き

大阪出身の僕にとって、お好み焼き、たこ焼きは、
主食といってもよい。
大阪では、お好み焼き定食というのがあり、
お好み焼きをおかずに飯を食う。
というと、大阪以外の人はドン引きするのだが。
それだけに、お好み焼き・たこ焼きの味には、少々うるさい。

というわけで、
土曜日に友人2名とともに、お好み焼きを食べに行った。
場所は、ラムカムヘン110というとんでもない場所だ。
もし行く人がいれば、3名以上で行くことをお勧めする。
往復200B以上、タクシー代がかかるのだ。
店の名前は、【まいど】。大阪出身のマスターがやっている。

味の方は、まずまずである。
値段は、
お好み焼き1枚
たこ焼き2人前
焼きそば1人前
おにぎり+味噌汁 3人前
ビール1本
で、500B程度。激安!

バンコクにお好み焼きは、少ないので、十分商売になるレベルだ。
いかんせん、場所が場所なので、
友人ともども、もっと中心部にでてきたらとアドバイスした。
せめて、オンヌット・プラカノンあたりまで。
スクンビットに出てくるだけで、客は3倍は入るだろう。
なんとか、がんばって欲しいものである。

マスターいわく、年内一杯で今の賃貸契約が切れるので、
その後は、移転も検討中とのこと。
posted by タイ風俗 at 15:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ

2007年10月01日

タイ料理3

最近、無性に旨いイサーン料理が食べたくなる。
ところが、この「旨い」イサーン料理は、中々ない。
イサーン料理といえば、
チュムチム、ソムタム、コームーヤーンなど。

土曜も、友人とイサーン料理屋台に行ったが、
どれも平均的でそれなりに旨いが、
バンコク一旨いというほど、絶賛できるレベルにない。

僕が求めているのは、高望みすぎるのか?
今のところ、
1位 ペッブリーソイ40屋台
2位 伊勢丹前 屋台
3位 ランナム イサーン料理屋

ちなみに、土曜日は、屋台で晩飯。
二人で270B(安!)
だが、その後、タニアカラオケ〜ディスコと
大散財してしまい、なんのために飯代を安く上げたのか
わからない。また、自己嫌悪に陥っている。
posted by タイ風俗 at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2007年09月28日

タイ料理2

代表的タイ料理の一つに、タイスキがある。
タイ人は、タイスキのことを日本のすき焼きと思っている人もいるが、
もちろん全然ちがう。
強いて似ている料理をあげれば、水焚きか、しゃぶしゃぶに近い。

タイスキのチェーンとして、有名なものは、
MK、コカの両巨頭である。
MKなどは、ロータスやカルフールなどには、必ずあるといっていい。

そんなタイスキ店のなかで、少しローカル系の店がある。
場所は、ペッブリー通りのアマリアトリウムホテルの前、
【金鳥】という店である。

ずっと気になっていたが、中々行く機会がなかったが、ついにいった。
入ってみると、いかにもローカルっぽい雰囲気だが、
まずちがうのは、従業員のサービスレベルだ。
一人がほとんどつきっきりで面倒見てくれる。

味の方だが、他の店と大きくちがうのは、スープに味がついていることだ。
具に混ぜるたれのようなものから、味がつくのだが、
付けたれなしで、十分うまい。

付けたれも、ガピすなわち海老味噌が調合されており、
旨みたっぷりのたれである。かなり辛いので、
スープと絡ませて食べるしかない。

それと嬉しいことに、私の好きなリオビールがおいてある。
値段のほうだが、ビール二本飲んで、腹いっぱい食べて、
一人250B程度なので、MKとかより若干安いくらい。

多分、僕は今後、タイスキを食べにMK・コカにいくことはないだろう。
posted by タイ風俗 at 02:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

2007年09月20日

日本食

タイ、バンコクでは、日本料理は、群雄割拠で、
乱立しているといっても過言ではない。
そんな中で、一般には、高い評価を得ている接待用の店もすくなからずある。
そんな店の一つ、【インペリアルクイーンズパーク】にある【華頂】にいった。
もちろん会社経費である。
自腹では、とても行けない。

率直に言って、内装などは、高級で料亭さながらの雰囲気である。
味はというと、はっきりいって、イマイチの気がした。

普段食べているタイ料理や韓国料理、中華料理などのほうが、旨い。
いわゆる貧乏舌なのかもしれないが、
以前に行ったトンローの【まる】の方がずっと旨い気がする。

来年には、大阪にいたときに、しばしば利用していた居酒屋の大将が、
バンコクに来て、店を開くらしい。

そこは、本当においしかったので、期待できる。
が、高くつきそうな予感がする。
何せ、魚介類は、天然ものしか扱わないというこだわりの店だったから。
posted by タイ風俗 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ

2007年09月19日

ぬるいタイ料理

昨夜の話
本社からエンジニアが視察のため、来タイ。
会社の日本人全員で、夕食に行った。
場所は、スクンビットのシーロムビレッジである。

トムヤムタレー、パクブンファイデーンなど定番タイ料理が出てきた。
決して、まずくはないが、何か変です。
辛くないのです。外人向けに辛くなくしてあるのだ。
パクブンなどは、ほんとにタダの空心菜炒めです。

とんがっていないタイ料理なんて、タイ料理じゃないぞ〜。
ビールに始まって、お土産の焼酎を飲んだ。
焼酎は、ロックで飲むので、なんだかいつもより酔いのペースが早い。

21時頃、お開きとなりました。
サウナにいくつもりだったが、家に着いたら、
急激に眠くなって、そのまま寝てしまった。

起きたら、深夜2時。
何時もの寝る時間じゃないか。一応4時間半は寝たことになる。
こうなると、もう一度寝るのは、中々難しい。
仕方が無いので、朝まで起きて、そのまま出社。

眠くは無いんだが、目が疲れて見えにくい。
今夜も食事会なので、またサウナに行けないかも。。。
posted by タイ風俗 at 12:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ

2007年09月10日

クンカタ

クンカタに行った。
ムーカタには、何度も行ったが、クンカタは初めてだ。

99Bで食べ放題。海老はもう当分食いたくない。
日本在住でクンカタを知らない人のために、若干説明すると、
クンは、海老で、カタは、料理の仕方。
ジンギスカン鍋のような鍋で肉、野菜、魚介類を焼きつつ、周りのスープで煮ることもできる。
飲み代は、別なので、好きな酒を持ち込むとよい。
今回は、ちなみにジンを持ち込み、ビールを一本だけのんだので、
二人で、腹いっぱい食って、300Bであった。

急に腹いっぱいになると、血圧がさがるらしく、貧血状態になる。
とにかく動きたくなくなる。

とりあえず、コーヒーを飲みに、漫画喫茶へ移動。
1時間半ほどすると、気分もよくなったので、例の地下喫茶へ移動した。
ここにいる女の子は、前にも書いたが、一緒に酒を飲んでくれるような
酔狂な子は、ほとんどいない。

まったり飲みたいということで、スクンビット沿いのイサーン屋台で、
飲み始めていると、連れが隣で食事中の女の子二人組みをナンパし、
カラオケに行くことに。
4人でカラオケに行ったが、この時点で、時計は、3時半を回っている。

帰ったのは、多分5時か6時だと思うが、記憶があいまいだ。

あ〜疲れた。
posted by タイ風俗 at 00:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ

2007年08月31日

タイ料理

最近、はまっているタイ料理がある。
それは、カーオトムタレー(海産物入りの雑炊)である。
カーオトムは、日本的にいうと、お茶漬けと雑炊の中間みないなものと考えれば、知らない人でも想像がつくだろう。

米、えび、いか、魚などをスープで煮込み、ナムプラーで味をつけ、パクチーで香りを添えるだけの単純な料理である。

お好みにより、ナムプラー、マナオ、酢、ナムプリック、砂糖などで味を調えて食べるのである。

もともとダイエット食として、晩御飯にしたのだが、いまでは、むしろ好んで食べるようになった。

というのも、海産物から出るスープが日本人の舌にばっちりあうからだ。

日本で、バカ高いタイ料理を食べている人には、信じられないだろうが、結構、具沢山にもかかわらず、25B(80〜90円)程度からある。

これを毎日食べれるだけでも、タイにいて、幸せと思えるのだ。

なお、タイトル「タイ料理」は、今後シリーズ化していこうとおもう。
そして、その第一弾が、カーオトムである。パクチーさえ抜けば、日本人ならおいしく食べることのできる辛くないタイ料理の代表格である。
posted by タイ風俗 at 23:04 | Comment(1) | TrackBack(2) | グルメ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。