2008年04月29日

他人の眼

僕の退職が決まって、とりあえず日本人社員は、送別会をやってくれる。
お手盛りだが、友人がマネージャーをやっている焼肉屋にした。

この店は、タイで数少ない(多分ココだけ)牛タン刺身が食えるのだ。
それはそれとして、総務の女の子が送別会をやってくれるそうだ。
結構、僕は慕われていたのか?

5/2の夕方に、集合だそうだ。
他の日本人と違い、一緒にカラオケを歌ったりしたし、
タイ人気質を理解している僕としては、
タイ人にすかれるよう振舞ってきたつもりだ。

というより、僕もほとんどタイ人化しているので、
彼らの方が、気があった。というのもある。

あえて、タイ人と付き合う際に気をつけていたことといえば、
・いつもニコニコすること。
・なるべくこぎれいにすること。
・怒らないこと。
・たまにおごること。

ぐらいだ。

いまでも思うが、会社の日本人は、日本的な価値観を押し付ける傾向が顕著だ。

本当に、日本人の島国根性はなおらない。
歴史的に見て、日本人がいまのような勤勉体質になったのは、
明治以降で、江戸中期までは、今のタイ人とそうたいしてかわりがない。
欧米の記録では、明治初期の日本人、とくにワーカーは、すぐさぼり、
規則を守らないなどとかかれていたりする。

どうせ日本もこれから大して伸びることもなさそうだし、タイ人のごとくのんびり構えていたほうが幸せだとおもうのだが。。。
posted by タイ風俗 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95129456

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。