2007年11月01日

続 最低のテンション

【最低のテンション】で書いた新入社員の去就に関する続報である。

前回、当日の朝に行けませんと連絡があったドタキャン社員であるが、
その後、身内の不幸があったということがわかり、
それはやむを得ない事情と判断。

仕切りなおしということで、入社日を11/1に再設定した。
前回の轍は、踏むまいと念には念を入れ、
エージェントに何度も入社意思を確認させた。

もちろん、リスクヘッジのため、他の候補者も当たってはいた。
前日(10/31)の夕方にエージェントが入社意思の最終確認を行った。

にもかかわらず、当日時間になっても現れません。
今回は、何の連絡もなし。
すぐにエージェントに電話したら、社長自ら謝罪にとんできた。
その時点でも、連絡ついていないとのこと。

おかげで、今日の予定は、大幅に狂ってしまった。
恐るべし、タイ人。
よくあることと認識していても、信じられない。
怒りを通りこして、開いた口がふさがらないという感じだ。

ホント、勘弁して欲しい。
全部負担は、こっちにかかってくるのだから。
posted by タイ風俗 at 14:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | ビジネス
この記事へのコメント
いったいどんな得する事があるのだろうか?
ひょっとして面接する事に意義あり会社に入社する事はあまり意義がないのか?
よく分からないな〜
Posted by プレミアム at 2007年11月02日 13:08
この程度のことは、タイではよくあることです。
損得とか、考えてない。
行くつもりだったが、朝になったら、
雨だったので、めんどくさいからやめるとか、何の前触れもなく、会社にこなくなり、理由を聞くと、飽きたとか退屈だとかです。
要するに、
サヌック(面白い)、サバーイ(快適)、サドゥアック(便利)な環境にしてあげないと、いけません。
日本人からすると、そんなの仕事じゃねーってことになる。
Posted by Tommy at 2007年11月02日 14:27
うちも採用通知を出して給料など待遇面の交渉を終え入社日を迎えたのに
会社に来なかった奴が居ました。しかも俺が言うまで会社の連中も気が付かない!!
すぐ面接をした中で次点の評価をした人に連絡をしたらまだ仕事が見つかって
いないと言うのですぐ呼び付けてその場で採用!
次点君は働き者で今年結婚し、更に家を買いたいと張り切ってバリバリ
働いてくれています。
怪我の功名? こんな事も有りました。
Posted by サンヤー at 2007年11月03日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。