2007年09月26日

バンコクで自転車?

周知のごとく、バンコクの交通事情は劣悪で、
自転車は、ほとんど見ることがない。

たまに、変な白人がMBXに乗って、走るのを見るか、
ソイの中を走っているのは、見る。
大通りでは、まず走っていない。
当然、駅前が放置自転車で一杯などということもありえない。

知らない人のためにいっておくが、
バンコクの交通事故は、日本の約10倍、死亡事故も約4倍である。
はっきりいって、命知らずでなければ、
自転車で街をサイクリングなどということは、できない。

本当は、自転車で動けば、渋滞は解消され、空気もきれいになり、
おまけにエクササイズになるのだが、
暑いのが嫌なのか、見栄なのか、ほとんど見ることはない。

そんな中、不思議なものを発見した。
場所は、プロンポン。
ソイ33/1から39までのほんの数メートルだが、
歩道に白線が二本引いてあり、真ん中には、自転車の絵。
自転車専用というには、あまりにも短く、
意味がわからない。
まさか、歩道だがバイクも通れるという意味ではないと思う。

本来、自転車は、車両の一部であり、専用道路を設けるなら、
車道の左側に作るべきである。

一体、誰が、スクンビットのど真ん中に、
どんな目的でやったのか、知りたい。
posted by タイ風俗 at 22:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | タイ文化
この記事へのコメント
プラカノンにもあります!
歩道の真ん中!
ありえない…
Posted by えみりん at 2007年09月28日 12:41
後で聞いたら、そうらしい。
普通、歩道と車道の間でしょう。
右に行くにつれ、スピードが速くなる。

これ見よがしというか、とってつけたというか、この程度のアピールで自転車が増えるわけないっちゅーねん!
Posted by TOMMY at 2007年09月28日 15:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60132929

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。