2007年09月25日

タイの女子大生

タイの女子大生は、魅力的である。
特に、あの体にぴったり合った白いシャツとスカートの組み合わせは、
中々魅力的である。

といっても、指をくわえて見ているだけである。
まあ、もちろん、本当に女子大生と知り合いにでもなれたら、
最高に楽しいだろうが、そんな機会に恵まれるわけでもなく、
それに似たコスチュームの店へ行って、喜んでいたりするわけだ。

そんな中、下記のタイらしい、どこか間抜けな法のニュースを
目にした。
制服法というのを作って、女子大生の服を着たプロの方を取り締まろうというわけである。
はっきりいって、意味がない法律だ。
ニセ女子大生というだけで、取り締まることもできない。

本来、ニセでなく、本物の女子大生の行為の方が、問題なのだ。

あたかも、不良男性諸氏が女子大生と思って、金を払ったところ、
ニセだったのを許せないといわんばかりである。


バンコク週報ウェブより 

http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=3450

「制服法」起草、ニセ女子大生には罰金・禁固刑
 露出度の高い女子大生の制服に対する批判が高まるなか、政府は「制服法」の起草を進めているが、この中に、制服の販売規制が盛り込まれる可能性が高まってきた。

 チャルアイポン教育事務次官によれば、先日実施された制服法についての公聴会で、職業高校の理事長から、学校の許可なく制服・校章を販売した者に対する罰則を強化するように、との意見が出されたという。現在、女子学生の制服の無許可販売が増えており、学生以外の者がその制服を着用して売春などを行うケースが頻繁にみられるとのことだ。

また、文化省文化監視センターのラッダー所長は、ホンモノの学生やニセ学生を問わず、制服を売春に「利用」するケースが急増しているという。さらに同所長は、露出度の高い制服が強姦やわいせつ事件の引き金となることが非常に多いとして、身体にフィットした露出度の高い制服販売も違法として、刑罰の対象とするよう主張する。

現在、教育省では、学生ではない者が制服を着用して、売春などの違法行為を行った場合には、6か月以下の禁固刑、もしくは5万バーツ以下の罰金を科すとの条項を法律に盛り込むことを検討しているという。

なお、タイで最も売れ行きのいい制服は、日本で女子学生の制服として採用されることの多いチェックのスカートとのこと。
posted by タイ風俗 at 04:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | タイ文化
この記事へのコメント
ほう。やっぱあの制服が
男性諸氏の目の保養ですからねー。
それは残念な法律ですね。せいぜい、罰金200バーツ位にしちゃればええのにね。
でもなんで、タイ女子大生は、制服なんだろう?
Posted by シュウ at 2007年09月26日 16:44
いっそのこと、
ニセ学生とわかったら、
金を払わなくてもよいということにしたら、どうか?あるいは、十分の一の値段にするとか。ニセブランド天国のタイなら、それが妥当だ。
Posted by エロ男爵 at 2007年09月26日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60132928

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。