2007年08月28日

タイ人の欠点

毎週月曜日は、王様シャツの日で、タイ人は、ほとんどといっていいほど、
これを着ている。
かくいう私もこれを着て出社している。

タイ人は、王様に対する敬意があって、着ているのかもしれないが、
私は不埒にも、それが楽だからである。
郷に入っては郷に従えという言葉もある。

そのように、なるべくタイ人に近い生活をしていると、時々、「お前はタイ人か!」と言われたりする。
もちろん、ほめ言葉的に使われるわけではない。
また、日本人が「タイ人は、○○なんだよな〜」などと、否定的にいう。
以前の私なら、「そうそう、そうなんだよ。」と同調していたのだが、最近その手の言動に触れると、極めて不愉快になる。

たしかに、○○の部分は事実で、日本人から見れば、文句の一つも言いたくなることが多い。

例えば、「タイ人スタッフは、遅刻が多い」である。
それは確かに事実であり、遅刻自体は、正しいとも思わない。
しかし、タイ人スタッフの大半は、バス通勤である。バスほど時間の読めないものはない。でも、バスしかないのである。もちろん、途中までバスに乗り、BTS・地下鉄などに乗り換えて通勤する。
オフィスの多いスクンビット・シーロム界隈に出勤する会社員の多くは、1時間ほどバスにのり、電車に乗り継いで、出社したりするわけである。
あるスタッフは、ハッピーランドからソンテウで、バンカピに出て、そこからバスでラップラオ、地下鉄に乗り換えて、アソークに来る。
ラップラオ通りは、バンコクでももっとも渋滞の激しい通りの一つである。1時間は間違いなくかかり、混んでいると、2時間はかかる。そして、バスの時間は読めないのである。
かような事情を知ると、むしろよくやっていると感心したくなるのである。
そして、遅刻が多いとぼやく日本人は、スクンビット周辺に住んでおり、当然運転手・お車付きだったりする。
以上のような理由で、このぼやきが私には心無い発言に聞こえてならないのである。

ちなみに、私が遅刻する理由は、大半が寝坊であり、何の言い訳もできないということも付しておく。ゴメンナサイ。
posted by タイ風俗 at 00:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | タイ文化
この記事へのコメント
確かに。あの渋滞はどんなにあがいてみたところで無理ですよねぇ・・・(´-ω-`)
Posted by ☆Jun☆ at 2007年08月28日 10:46
いや〜ええよ!多少の遅刻は、仕事できればね。私なんか毎日朝寝坊です。。いかんいかん猿以下かも。っていうか、たぶん痩せるよ。その調子でいけば。フィットネス。
俺も参加します!!
Posted by shuu at 2007年08月30日 03:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60132904

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。